読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療情報男の日記

病院で医療情報システムの保守運用の仕事をしています。

健診センターは思ったより大変…

今日で勤務5日。

この一週間、めっちゃ長く感じました…( ;´Д`)


僕が勤務する健診センターは、一般企業や市町村組合など、所属団体の健康保険に加入している人達、いわるゆ被用者保険加入者に対し、健康診断を行う部署です。

もちろん、一般の地域保険や国保の人も受診します。

他には、企業の採用健診、人間ドックなど、多岐にわたります。


5日間、研修させてもらって、おぼろげながらもここの業務のことが分かってきました。


まずは取っ付きやすいところから。

実際に窓口で会計をしたり、受診希望の事業所へ書類を送付したり、健康診断の結果票を送付したり。



ここまでで分かっていることといえば、


検診希望者からの依頼

健診予約登録

案内状作成・送付

健診実施

健診結果票送付


という仕事を、日々行っているようです。


ただ、一連の業務の中で扱う紙媒体は相当な種類があり、その書類を覚えていかないといけません。

また、受信希望者のデータ登録や、送付文書作成など、端末操作もたくさんあります。


健診センターだから、入退院する外来患者さんを診ることはなく、泊まり込みの当直業務はありません。

その点はすごくありがたいですね。

往々にして、男性職員は夜勤や当直、日直を押し付けられるものです…

今回の職場ではそれがないのが嬉しい。

あとは、残業をいかに減らしていくか、だな。