読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

医療情報男の日記

病院で医療情報システムの保守運用の仕事をしています。

大事なのはマスタメンテナンス

健診センターでは、健康診断のコース情報を専用システムに登録して、検査項目や健診料金を確定させることになっています。

 

いろいろな健康保険組合と契約を取り交わし、その健康保険組合が提示した検査項目と、検査料金を当院の健診システムのマスタにまずは登録して、実際に健康保険組合被保険者のお客さんの健診予約を行います。

 

問題なのは、このマスタが全然整備できていないことです。

 

マスタがめちゃくちゃなので、お客さんの予約情報をシステムに入力するとき、いちいち契約書とにらめっこし、料金負担先は団体か個人かを確認したり、検査料金が間違いないか電卓をたたいたりと、ものすごく時間がかかっているのです。

 

マスタさえしっかり整備できていれば、予約情報の入力はボタンひとつで済むところなんですが・・・。

 

この予約情報入力に膨大な時間がかかってしまうため、未入力の予約申込書が何ヶ月先までも溜まってしまっている現状があります。

 

しかし、だからといって、お客さんからの電話やFAXでの予約件数は減らすことはできないし、新規の健康保険組合も増やして、病院の収益を上げていかなくてはいけません。

 

とにかく、今はマスタの登録情報を契約書どおりのものに仕上げ手、予約入力作業の時間を減らすことが大事です。

 

ただ、万が一間違いがあったときに元にもどせるように、旧マスタ情報のバックアップも必要ですね。

 

頑張らないと。